【ミラートレーダー・シストレ24】 めたろうのFXシストレ検証!

MT4でFX自動売買を行っておりますが、気になるミラートレーダー・シストレ24は本当に使えるのかを検証します。

FX自動売買中間報告

ヴァリアブルポートフォリオの条件を少し変更します。2014年1月第1週

2014年1月第1週ヴァリアブルポートフォリオはマイナススタートとなりました。

2014年1月第1週ヴァリアブルポートフォリオはマイナススタートとなりました。

テクニカルの効かない年末年始、2日に相場に大きな変動があり、ストップの嵐となりました。まあ年末年始に関係なく必然的な流れであったとも取れますが、こういう場面では損小利大ロジックは弱い・・・

 

 

ミラートレーダーヴァリアブルポートフォリオ設定条件を少し変更します。

ヴァリアブルポートフォリオとは?

ヴァリアブルポートフォリオの条件設定ですが少し変更します。今週マイナスだったからではなく、この1ヶ月間に気づいた点を修正したいと思います。

まずT-Scoreだけでは直近の調子を全て把握するのは無理でした。T-Scoreが上位でも直近30日で実現損益がマイナスの物も含まれてました。除外条件に直近30日で実現損益が0もしくはマイナスのストラテジーを除外する項目を追加します。

もう一点条件を追加します。現状同一通貨ペアは除外しておりますが、平均損益が50Pips以上離れているストラテジーは戦略が異なるとみなし、1通貨ペアのみ認める条件を追加します。

ヴァリアブルポートフォリオ設定条件

 

 

ヴァリアブルポートフォリオ2014年1月第1週の結果 

ヴァリアブルポートフォリオ2014年1月第1週の結果

ヴァリアブルポートフォリオ2014年1月第1週の結果

今週は先月頑張ってくれたSphynxが大きくやられました。Home Runs、AdaptiveSystemはまずまずの取引でした。残念なのはOnTheRiver(EURJPY)ロングが300Pips以上、2本で600Pips以上の含み益になってたのが急落によりほぼ含み益がなくなりました。ドル円は再度106円半ばに向かう可能性が高いと見ておりHome Runs(USDJPY)現在のロング4本は期待大、EURUSDは売り転換、TidalWave(EURUSD)はガッチリショート、OnTheRiver(EURJPY)はどっちの影響を強く受けるのかな?

 
 
 
 

ヴァリアブルポートフォリオ来週稼動ストラテジー

Home Runs(USDJPY)

Sphynx(EURAUD)

AMT WINNER(EURAUD)

280pips(EURGBP)

INTEGRAL1(GBPUSD)

OnTheRiver(EURJPY)

Rongdhonu(AUDNZD)

must-win4(NZDUSD)

TidalWave(EURUSD) 

ElliotWave(AUDJPY) 

新条件にて同一通貨ペアのSphynx(EURAUD)とAMT WINNER(EURAUD)が選定されました。
AdaptiveSystem(AUDUSD)は先週活躍にもかかわらず除外条件のプロフィットファクターが1.4未満となり外れてしまいました。
新しいストラテジーは他INTEGRAL1(GBPUSD) ElliotWave(AUDJPY)が新たに選ばれております。

 

-FX自動売買中間報告
-