【ミラートレーダー・シストレ24】 めたろうのFXシストレ検証!

MT4でFX自動売買を行っておりますが、気になるミラートレーダー・シストレ24は本当に使えるのかを検証します。

セントラル短資FX ミラートレーダー備忘録

セントラルミラートレーダーのストラテジーカードがバージョンアップで情報が充実しました。

セントラルミラートレーダーストラテジーカードが見やすくバージョンアップしました。

ストラテジーカードがバージョンアップで情報が充実しました。

セントラルミラートレーダーバージョンアップに伴い取引画面が刷新されました。中でもイマイチだったストラテジーカードの情報が改善されましたので見ていきましょう。

ストラテジーカード(チャート)

ストラテジーカード(チャート)

こちらは損益チャートとなります。この画面ではストラテジーの稼動開始からの「取引継続月」「取引回数」「Pips合計」と収益の波が確認出来ます。
特にこの数値はバックテストではなく過去の実取引データとなり
上記はPminvestcapital(EURGBP)のように3年以上、1000回以上の実取引データとなると、かなり信頼性が高く、再現性が期待出来ます。

それにしてもPminvestcapital(EURGBP)は素晴らしい右肩上がりですね。コイツは損小利大ストラテジーでもなく、完全なスキャルピングでもなく、いわゆるコツコツ型と言う名がピッタリ、そんでもって獲得Pipsが39ヶ月で5654Pipsと強烈な実績を出してます。

 

 

ストラテジーカード(一般情報)

ストラテジーカード(一般情報)

この画面はストラテジープロバイダーの紹介及びストラテジーのロジックが説明が記載されてます。
以前の画面はここが大変情報に乏しく不満でありましたが大きく改善されました!

 

 

 

ストラテジーカード(統計)

ストラテジーカード(統計)

この画面はプロフィットファクター、獲得Pips、最大ドローダウン等、各ストラテジーの統計データが確認出来ます。
今回のバージョンアップの待望の月間成績が一目でわかる表がプラスされました。以前は詳細な取引データをダウンロードしてエクセルで手計算してましたが、これで簡単に一発で確認出来ます。
結構月間成績って稼動している上でメンタルに絡む部分で重要なんですよね。異常に連敗月があるとか、月あたりの最大ドローダウンとか、ドローダウンの後、何ヶ月で回復しているかとか、年間で平均何ヶ月負け月があるのかとか、この部分が悪いのはどこかで耐えられなくなるのでパスです。

Pminvestcapital(EURGBP)はフォワードで39ヶ月取引で1112回取引が行われ、トータルでプロフィットファクター1.82は素晴らしいですね!

 

 

 

ストラテジーカード(現在の建玉)

ストラテジーカード(現在の建玉)

現在のポジションが表示される画面で特に変更無し。上記はQuickShift(GBPUSD)の建玉です。どこまで引っ張るかに期待!

 

 

 

ストラテジーカード(ストラテジーの取引履歴)

ストラテジーカード(ストラテジーの取引履歴)

ストラテジーの取引履歴が過去分全てが確認出来る画面です。この画面より全ての取引結果が簡単にエクセルに落とせより詳細にデータを調べる事が可能です。

 

 

セントラルミラートレーダーに関してはコチラの記事も参考にして下さい。
  ⇒初めてのFX自動売買はセントラルミラートレーダーがオススメ!

 

 

-セントラル短資FX, ミラートレーダー備忘録
-,