【ミラートレーダー・シストレ24】 めたろうのFXシストレ検証!

MT4でFX自動売買を行っておりますが、気になるミラートレーダー・シストレ24は本当に使えるのかを検証します。

280pips Icqfx Iqiy ミラートレーダーポートフォリオ

FXDDミラートレーダーにて4ストラテジー始動!

2014/07/10

FXDDミラートレーダーにて新ポートフォリオ始動!

3ヶ月かかり吟味したストラテジーはとりあえずは4つ!ミラートレーダーでタブーと言われているコツコツ型は本当にダメなのか?

特にコツコツ型に絞って選んだ訳ではありませんが、下記4ストラテジーを来週より稼動します。

Pminvestcapital(EURGBP)
280pips(EURGBP)
Icqfx(EURGBP)
Iqiy(EURUSD)

 

ストラテジー選定基準は下記です。

・長期に渡り実績が有る。(取引回数最低1年以上、2年以上あればなおさら良い)

・損益チャートが綺麗な右肩上がりである

・最大ドローダウンが1000Pips以下で出来るだけ低ドローダウン

・プロフィットファクター1.5以上

・リスクリターン率2以上

 

今回はミラートレーダーで良く言われる損小利大は無視しました。損小利大ストラテジーはQuickShift多通貨ペアポートフォリオがあるし、メタトレーダーではむしろ、利小損大EAの方が長期に渡り安定した実績を残しているのが多いんですよね。

何故かミラートレーダーでは利小損大ストラテジーはダメとされている所があります。

それはミラートレーダーがMT4に比べ不利なスプレッドだからなのか、シグナル配信型の約定の遅さでは実現不可能なのか、スプレッドに関してはFXDDミラートレーダーはMT4と同一であり、ミラートレーダーとしては最狭でありこれ以上の条件はないと思いますし、これ以上のスプレッドでないと勝てないEAもまた一時的にしか勝てない物が多いです。

まあミラートレーダーに一番期待したい所はそのビジネスモデルであり、FX業者、ストラテジー開発者は勝てるストラテジーを提供し使って貰えないと収益が上がらない、存続は出来ないと言うところです。

いいもん出さないとみ~んな使わなくなるよと言う事です。

 

ストラテジーフォワード成績

どれもバツグンの実績だが、この先も続いてくれるのか?

Pminvestcapital

Pminvestcapital

 

取引開始日 2011年6月
プロフィットファクター:1.68
損益合計:4635.8Pips
最大ドローダウン:-946.10Pips
総取引回数:1039回
平均利益:14.20Pips
平均損失:-32.01Pips
最大利益:147.70Pips
最大損失:-206.00Pips
勝率:78.92%

 

 

280pips

280Pips

 

取引開始日 2010年4月
プロフィットファクター:3.66
損益合計:865.4Pips
最大ドローダウン:-59.70Pips
総取引回数:148回
平均利益:10.09Pips
平均損失:-10.84Pips
最大利益:54.20Pips
最大損失:-54.50Pips
勝率:79.73%

 

 

Icqfx

Icqfx

 

取引開始日 2012年5月
プロフィットファクター:3.54
損益合計:740.0Pips
最大ドローダウン:-57.00Pips
総取引回数:134回
平均利益:5.52Pips
平均損失:-10.28Pips
最大利益:46.80Pips
最大損失:-57.00Pips
勝率:79.1%

 

 

Iqiy

Iqiy

 

取引開始日 2013年6月
プロフィットファクター:8.00
損益合計:1740.4Pips
最大ドローダウン:-108.20Pips
総取引回数:82回
平均利益:26.52Pips
平均損失:-35.51Pips
最大利益:102.4Pips
最大損失:-93.20Pips
勝率:91.46%

 

FXDDはこれからも1000通貨単位取引が可能です。

レバレッジも最大500倍で少額資金でもミラートレーダーが始められます。

最強FXDDミラートレーダーに関してはコチラの記事も参考にして下さい↓↓↓
FXDDミラートレーダーならこれからも1000通貨取引が可能です。
シストレ24、ミラートレーダーはスプレッドにより取引結果にどえらい差が!

 

 

 

-280pips, Icqfx, Iqiy, ミラートレーダーポートフォリオ
-