【ミラートレーダー・シストレ24】 めたろうのFXシストレ検証!

MT4でFX自動売買を行っておりますが、気になるミラートレーダー・シストレ24は本当に使えるのかを検証します。

FX自動売買中間報告

QuickShift特大ホームラン2本で快勝! セントラルミラートレーダー10月第3週

QuickShift特大ホームラン2本で快勝!

10月第3週、ついにQuickShiftが大暴れしました。

EURNZDに+807.6Pipsの超特大ホームラン、GBPAUDに+556.2Pipsのホームランと2本の特大利確にて第3週は快勝!

QuickShiftはここから快進撃を開始するのか? 

 

 

久々の800Pips超級の利確によりトータル+1392.6Pips! QuickShift多通貨ペア運用10月第3週の結果

QuickShift多通貨ペア運用10月第3週の結果

EURNZD9月19日のショートが10月15日に決済され+807.6Pipsの超特大利確、しかしその直後の余計なロングは要らなかった、その日のうちにSLの-346.3Pipsを食らいトータルで+461.3Pipsとなりました。

そのままショートをキープしていれば、その日の内に+1200Pips超もありえた訳ですが、後の祭り。

GBPAUDも9月23日エントリーのショートを、しっかり10月14日まで引っ張り+556.2Pips、この決済は適度な反発の内に決済出来て良かったです。

NZDJPYもしっかりロングを捉え+344.7Pips、現在まだ上昇を続けてますが、一旦あの場面での利確はベターな取引取引でしょう。

10月第3週は大型利確があったのはもちろんですが、300Pips以上のストップロスがEURNZD1本のみで、ロスカットが適切に行われたのが勝因ではないでしょうか。

しかし第2週末の評価損益+3237.3Pipsはかなり失われており、もう少しイグジットに高い精度が欲しいものです。

 

 

QuickShift週末ポジションは低調

QuickShift週末ポジションは低調

EURCAD、EURNZD、AUDCADのFXプライム分3通貨ペアに関しては、メンテナンスと自身の予定が合わず、週末ログイン出来ず19日22時のデータとなります。

9月19日から踏ん張っているNZDUSDロングは既に+392.3Pipsで期待が大きくなってきました。

トータル+443.6Pips、しかし第2週末の評価損益から比べると大きく減りました。

ポジション的には円売り、ドル売りの傾向となっております。

このまま相場の流れは継続するのかどうか、継続したとしても一直線はありえず、戻しでQuickShiftはどう対処するのかがポイントになりそうです。

 

QuickShift多通貨ペアポートフォリオ関連記事

ミラートレーダーポートフォリオ変更!QuickShiftオンリーの多通貨ペアで勝負します!

QuickShift多通貨ペアポートフォリオの通貨ペアをさらに追加し20通貨ペアにしました。

 

ミラートレーダーなら1000種類以上のストラテジー(自動売買プログラム)が全て無料で使用出来ます。
サーバー型自動売買システムなので自宅のPCも付けっ放しにする必要もありません。

ミラートレーダー操作画面

操作もたったこれだけ、選ぶだけの簡単操作です。

QuickShift多通貨ペアポートフォリオはスプレッドの有利なセントラル短資FXをメインに、足りない通貨ペアは取引通貨ペアの豊富なFXプライムbyGMOを使用してます。

ミラートレーダースプレッド比較記事はコチラ↓↓↓
   ミラートレーダースプレッド比較(シストレ24を含む8社19通貨ペア比較)

各社今なら口座開設キャッシュバックキャンペーンを実施中!詳細は下記バナーよりご確認下さい。


 

 

 

-FX自動売買中間報告
-