【ミラートレーダー・シストレ24】 めたろうのFXシストレ検証!

MT4でFX自動売買を行っておりますが、気になるミラートレーダー・シストレ24は本当に使えるのかを検証します。

FX自動売買中間報告

ブレイクアウト後不発でも的確に追従して行くQuickShift強さはココだ!3月第3週の結果

2014/04/24

QuickShift多通貨ペアポートフォリオ3月第3週の結果

QuickShift多通貨ペアポートフォリオは3週目の難しい値動きでも見事な取引で+450Pips!

トレンド方向をブレイクアウトで見ている場合、ここ数週間は最悪な結果ではないだろうか?

例えばドル円で見た場合、日足で3月3日に前回安値を割れた、ターゲットは98.5~100円ぐらいが見事に不発

そして3月6日に前回高値を更新しロスカット、ドテンでロングも不発に終わり、また割れてロスカット・・・

まあウクライナ情勢もあり、ファンダメンタルで動く相場にテクニカルは通用しないが、この時QuickShiftはどうだったか?

ドル円で見ると5日にロングで入り153Pipsまで含み益を伸ばし、13日54.4Pipsまで含み益が減った時点で利確、ドテンでショート現在含み益138Pips、伸びない値動きでもQuickにポジションを入替え利確して行く。

 

この1ヶ月で見ると、まさにトレンドフォロー系ストラテジーがやられそうな相場で、QuickShift(USDJPY)は少ないながらも174Pipsのプラス

この時他のトレンドフォロー系ストラテジーはどうだったか?

有名所で、あの絶好調だったHome Runs(USDJPY)は-1823Pips、ThirdBrainFx(USDJPY)-1303Pipsと、どえらい負けている。

 

QuickShiftの強さはレンジ相場、トレンドが伸びない時は小さく的確に利確して行きQuickにポジションを入替え、負けても大きく負けない、そしてトレンドが続けば、どこまでも引っ張りホームランを叩き出し大きく利を伸ばす。

トレンド系ストラテジーが弱いレンジ相場でも的確に取引をこなす、ここではないだろうか! 

 QuickShift多通貨ペアポートフォリオに関してはコチラ

 

 

QuickShift多通貨ペアポートフォリオ3月第3週は+450.8Pips

QuickShift多通貨ペアポートフォリオ3月第3週は+450.8Pips

QuickShift多通貨ペアポートフォリオ3月第3週は+450.8Pips

 
 

 QuickShift多通貨ペアポートフォリオ週末ポジション

QuickShiftポートフォリオ 週末ポジション 3月第3週

QuickShiftポートフォリオ 週末ポジション 3月第3週

 

ドル円、クロス円の上昇を捕らえた、不発に終わり下落途中で利確の為、利は伸びなかったがAUDJPY、NZDJPYは比較的大きな利確となった。

ここでさらにドテンでショート、既に含み益が大きくなってきた。

ドル円を始め、前回安値を割れてきており、大きく下落する可能性が出てきたが、この2ヶ月そうとはならず不発続きであるが、現在のポジションからではどっちに行ってもQuickShiftなら上手く処理してくれるだろう。

 

ミラートレーダーなら1000種類以上のストラテジー(自動売買プログラム)が全て無料で使用出来ます。 サーバー型自動売買システムなので自宅のPCも付けっ放しにする必要もありません。

ミラートレーダー操作画面

操作もたったこれだけ、選ぶだけの簡単操作です。

QuickShift多通貨運用を行うならスプレッドの有利なセントラル短資FXがオススメです。

ミラートレーダースプレッド比較記事はコチラ↓↓↓    
ミラートレーダースプレッド比較(シストレ24を含む8社19通貨ペア比較)     

各社今なら口座開設キャッシュバックキャンペーンを実施中!詳細は下記バナーよりご確認下さい。

 

-FX自動売買中間報告
-