【ミラートレーダー・シストレ24】 めたろうのFXシストレ検証!

MT4でFX自動売買を行っておりますが、気になるミラートレーダー・シストレ24は本当に使えるのかを検証します。

FX自動売買 今月の結果

QuickShift 7月は超低ボラ相場に苦戦もプラス308Pipsで終える!セントラルミラートレーダー7月の結果

セントラルミラートレーダー7月の結果

超低ボラ相場でトレンドフォロー型長距離砲がマイナスにならないだけでも良しとしておこう!

今年に入ってから特にドル円、クロス円は狭いレンジ内での動きでつまらなく、7月も本当につまらない相場でありました。
こんな値動きはトレンドフォロー型長距離砲QuickShiftの苦手とする値動きであり、厳しいななんて思っていたら6月半ばよりポジションを取らなくなり、7月ついに前代未聞の20通貨ペアでノーポジションと言う事態になりました。

これに関してはロジックなのか、ストラテジープロバイダーがたまらず稼動停止させたのかは不明でありますが、22日に17通貨ペア一気にポジションを取り出したところからも、ストラテジープロバイダーが相場に合わないと判断し稼動停止していたのをスイッチONしたようにも伺えます。
これがベストのタイミングだったのか7月後半の決済にて7月なんとか+303Pipsで終え、さらに1300Pips以上の含み益を8月に持ち越し、期待出来る動きになってきてます。

 

 

QuickShift多通貨ペアポートフォリオ 7月の結果

QuickShift多通貨ペアポートフォリオ 7月の結果
QuickShift多通貨ペアポートフォリオ 7月の結果

今は我慢の時ですね、レンジ及び低ボラ相場が続く現状QuickShiftには大勝ちを求めるのは困難でしょう。
しかしレンジ相場はいつか崩れ、レンジが長ければ長いほど、溜まったエネルギーはどちらかに解き放たれ、その時こそがQuickShiftの本領を発揮する時です。
7月後半これまでの値動きとは違う動きをしました。遂に解き放たれるのか?引きずり戻されるのか?
8月に持ち越したポジションに期待大!

QuickShift多通貨ペアポートフォリオに関してはコチラの記事を参考にして下さい。
ミラートレーダーポートフォリオを変更します!QuickShiftオンリーの多通貨ペアで勝負します!

 

 

 

QuickShift稼動より丸1年が経過しました。通算成績は4187Pips!

QuickShift多通貨ペアポートフォリオ通算成績

QuickShift多通貨ペアポートフォリオ通算成績

上記は当ブログ直近1年間のQuickShiftの実績で、下記はQuickShiftの直近1年間の実績です。当ブログ4187Pipsに対し20通貨ペアの実績は16335Pipsなのです。
何故ここまで差が出るのか? 当ブログでQuickShiftは4通貨ペア稼動から稼動開始し、成績の良さに通貨ペアを増やして行きました。要するにタイミングの問題で、よい成績を見てそのストラテジーを採用し稼動する、しかし良い成績は続かず必ず波が有るものです。ここがFX自動売買の難しいところであり、美味しい部分を取るのが難しいところです。

こちらの記事も参考にして下さい。
FXシステムトレードに関して(初心者の方へ)

QuickShift直近1年の成績

QuickShift直近1年の成績

 それにしてもQuickShiftのプロフィットファクターは全般高いですよね、バックテストではなく実相場で!

 

 

 

ミラートレーダーなら1000種類以上のストラテジー(自動売買プログラム)が全て無料で使用出来ます。
サーバー型自動売買システムなので自宅のPCも付けっ放しにする必要もありません。

ミラートレーダー操作画面

操作もたったこれだけ、選ぶだけの簡単操作です。

ミラートレーダーを始めるならスプレッドの有利なセントラル短資FXをオススメします。
   初めてのFX自動売買はセントラルミラートレーダーがオススメ!

ミラートレーダースプレッド比較記事はコチラ↓↓↓
   ミラートレーダースプレッド比較(シストレ24を含む8社19通貨ペア比較)

今なら口座開設キャッシュバックキャンペーンを実施中!詳細は下記バナーよりご確認下さい。

 

 

-FX自動売買 今月の結果
-