【ミラートレーダー・シストレ24】 めたろうのFXシストレ検証!

現在MT4でFX自動売買を行っておりますが、気になるミラートレーダー・シストレ24は本当に使えるのかを検証します。

         

FX自動売買 今月の結果

QuickShift 稼動開始以来の初の5ヶ月連続敗退も、評価損益も新記録か!

QuickShift 稼動開始以来の初の5ヶ月連続敗退

 

QuickShift多通貨ペアポートフォリオは、また3月もマイナスとなってしまいました。

昨年11月以来、これで5ヶ月連続敗退で2013年8月稼動開始以来の新記録となりました。

しかしだ!

1月からの粘って引っ張ったポジションが恐ろしい事に!

評価損益もブッチぎりの新記録ではないか!

 

 

QuickShift多通貨ペアポートフォリオ、3月もロスカット先行で敗退!

QuickShift多通貨ペアポートフォリオ、3月もロスカット先行で敗退!

 

もういい加減、決済してくれても良いのだが、引っ張る引っ張る

よって3月もロスカット先行の動きとなりました。

4勝12敗と勝率たった25%

12敗の内10本は-300Pips前後のストップロスです。

そんな中、これまであまり大きい当たりは見たことない「NZDUSD」で、超特大ホームランが1発でました。

その一発は+692.9Pipsと特大!

それ以外はチーン・・・でした・・・

結果トータルで-2,213.5Pipsと比較的大きな負けとなりました。

 

 

QuickShift通算成績、ジワジワと下落継続中・・・

QuickShift通算成績、ジワジワと下落継続中・・・

 

新記録の5ヶ月連続敗退も12月、1月、2月の負けが小さい為、最大ドローダウンは更新してません。

それでもドローダウンが5000Pipsをオーバーしてきました。

近年ひじょうに安定していたQuickShiftですが、新型コロナウィルスの影響で、相場のボラティリティが高まりQuickShiftが本来持つ荒々しさを数年ぶりに見せてきました。

良い方向に行くのか、悪い方向に行くのか?

2015年のドローダウンは、盛り上がってたミラートレーダーに水を差す動きとなり、ミラートレーダーブロガーも含め多くの方が撤退された年でした。

続けていれば結果的には年間で-498.6Pipsと微負けだったのではありますが

その頃も耐えてこんにちに至る方は全員勝ち組でしょう!

だって2016年から2020年3月末時点での利益は+25,236Pipsですからね!

しかしまた来ましたね激しい時期が(笑)

振り落とされないよう、しっかり捕まって行きましょう!

 

 

評価損益は、これまで見た事ない空前の+7517.4Pips!

評価損益は、これまで見た事ない空前の+7517.4Pips!

 

上記は4月1日23時時点での評価損益です。

なんと+7,517.4Pips!

バッサバッサロスカットして行く中、恐ろしい程貯め込んできました。

こんなの見た事ない!

EURAUDなんて+1,816.1Pipsと人間様では不可能な所まで引っ張ってきました。

流石にFXロボット!

もういい加減利確してくれても良いんだがと思ってた矢先

2日以降とうとう利確開始か!

5ヶ月連続敗退の後の怒りの利確ラッシュ開始か?

QuickShift多通貨ペアポートフォリオの通算最大利益は2019年8月の+36,701.1Pips

この含み益だと一気に最高益更新も期待出来ます。

QuickShiftユーザーの皆様、4月は期待大ですね!

 

 

QuickShiftは下記2社のミラートレーダーにて無料で使えます。

セントラル短資FX 公式ホームページ

インヴァスト シストレ24 公式ホームページ

スプレッドの有利なセントラル短資FXをメインに足りない通貨ペアはシストレ24で補うのがおススメです。

 

 

 

-FX自動売買 今月の結果
-,